溶接ヒューム対策

金属アーク溶接作業などから発生する、「溶接ヒューム」が特定化学物質(第2類物質)に認定されたことを受け対策を進めています。


・溶接ヒューム測定


溶接ヒューム測定結果は要求防護係数1未満でした


・全体換気装置による換気

第二工場 全体換気装置
第二工場 全体換気装置
第一工場 全体換気装置
第一工場 全体換気装置

2021年、第一、第二工場に全体換気装置を新設しました。

金属アーク溶接作業を行う屋内作業場では、全体換気装置による換気、またはこれと同等以上の措置を講じる必要があります。


・マスクの選定

要求防護係数は1未満でしたが粉塵障害防止規則ではDS2以上となっているんでそれに対応する防塵マスクを選定しました


・特定化学物質作業主任者の選任

名村彰太

 

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者


20年前から毎日モップ掛けしています。